油絵の描き方 入門ガイド

絵の具のふたが開かない

絵の具のふたが開かない時の対処方法

  • チューブのネジ口部分をライターなどで炙る。
  • プラスチックのふたではプライヤーで挟み、ゆっくりと回して開ける。
  • ふたを固まらせないためには絵の具がはみ出さないようにネジ口をきれいにし、しっかりとふたをする。

しばらく絵を描かずにいると絵の具のふたが固まってしまい、開かなくなることがあります。一度固まってしまうと手で開けるのは大変です。それに、無理に開けようとしてねじるとチューブに亀裂が入り、そこから絵の具が出てしまうこともあります。

ライターよく絵の具のふたが固まってしまったら、ライターでチューブのネジ口部分を炙れば良いといいます。こうすると固まった絵の具が溶けるのでふたを開けることが出来ます。ただし、この方法はキャップが金属で出来ている場合に通用した方法です。

最近ではプラスチックのふたが主流なのでライターで炙ると開けることはできますが、ふたが溶けてしまいます。プラスチックのふたではプライヤーを使って開けると良いでしょう。チューブの肩をしっかりつまみ、プライヤーでふたを挟んでゆっくりと回します。こうするとふたを開けることができます。

しかし、一番はふたが固まらないようにしてあげることです。絵の具がチューブからはみ出してしまうと、その絵の具が固まりふたが開かなくなってしまいます。そのため、ふたを閉める時はネジ口部分をきれいに拭き取り、しっかりとふたをすることが大切です。

近所の油絵教室を探そう!

油絵教室って小さい教室が多いからなかなか探しにくい・・・
ケイコとマナブなら、大小問わず全国の油絵教室を探すことができます。
油絵教室を検討している方はぜひご参考ください。