油絵の描き方 入門ガイド

ナイフ

油絵の道具 ナイフの選び方

  • ペインティングナイフは絵の具を厚く盛り上げたり、面を描いたりする時に使う。
  • パレットナイフはパレットで絵の具を混ぜたり、残った絵の具を掃除する時に使う。
  • 初めは中くらいの大きさのナイフを使うと良い。

油絵で使うナイフにはペインティングナイフとパレットナイフがあります。

ペインティングナイフ 絵を描くために使うナイフです。先端が菱形のようになっていて、大きさも太いもの、細いもの、長いもの、短いものと様々あります。

絵の具を厚く盛り上げたり、コテの用に使って面を描いたりする時に使います。また、絵の具を削ったり、引っかいたりすることで筆とは違った表現を出すことが出来ます。
パレットナイフ パレットの上で使うナイフで、先端が丸く細長い形をしています。こちらも大小様々な大きさがあります。

パレットの上で絵の具を混ぜ合わせたり、パレットに残った絵の具を取り除くために使います。他にも広い面を塗るのに適しているので、大きな作品を描く時に便利です。

ナイフは筆とは違うので始めは使いにくいかもしれませんが、慣れてくると鋭いタッチでメリハリのある絵が描けるのでおもしろいです。始めは中くらいの大きさのナイフから使ってみると良いと思います。

 ナイフを使う時に注意しなければならない事があります。ナイフは長く使っていくと刃先が鋭くなって切れ易くなります。こうなるとキャンバスや手を傷つけてしまう事もあるので気を付けて下さいね。

近所の油絵教室を探そう!

油絵教室って小さい教室が多いからなかなか探しにくい・・・
ケイコとマナブなら、大小問わず全国の油絵教室を探すことができます。
油絵教室を検討している方はぜひご参考ください。