油絵の描き方 入門ガイド

教室へ通う

こんな人にお勧め
先生の指導を直接受けたい人、仲間と楽しく学習したい人に。

魅力:絵の制作を進めながら先生の指導を受けられる。

油絵の教室に通えば直接先生の指導を受けることが出来ます。分からないことが出来たらその場にいる先生に直ぐ質問できますよね。時には先生が直接筆を持ち、指導してくれることもあるでしょう。

自分の絵を制作しながら指導を受けられるというのは教室に通うメリットですね。また、絵を描く仲間が出来るので楽しく学習できますよ。

欠点:生徒の指導時間は均等なので自分だけに時間をかけて指導してもらうことが出来ない。
→ 解決方法:先輩のアドバイスを受ける。自分で調べてみる。

教室には沢山の生徒がいます。先生はそれぞれの生徒に均等に指導をしなければなりません。当然、1人に当てる時間は短くなってしまいますよね。

自分だけ長く指導をしてもらいたくてもなかなかそうはいきません。そんな時は上手い先輩に質問してみたり、自分で調べてみたりすると良いですよ。

教室を探す1:画材屋さんに聞いてみよう。

油絵の教室は意外と身近なところでもやっています。でも、なかなか見つからないと言う人もいますよね。大きくやってる教室はネットで検索しても見つかるかもしれませんが、個人でやってるような教室はネット上では見つけ難いものです。

簡単に探すには画材屋さんに聞いてみるのが良いでしょう。画材屋さんは当然プロの画家との交流があるはずなので色々な情報をくれると思います。また、画材屋さんが教室を開いていることも結構あります。まずは相談してみるのが良いでしょう。

教室を探す2:インターネットで探す

確かに、個人でやっているような油絵教室はネット上では見つけづらいです。

ただ、主に首都圏などでしたら、「ケイコとマナブ」では油絵教室の資料請求などすることができるので、興味のある人は見てみましょう。


教室を探す3:日本画、彫刻、工芸などをやっている人にも聞いてみよう。

油絵を描いている人はもちろんですが、油絵以外の美術をしている人に聞いてみるのも一つの手です。油絵以外と言うのは日本画や彫刻、工芸などです。

同じ美術を選考する仲間ですから、違う部門でも意外と交流があるものです。その人が知らなかったとしても、他の仲間から情報を得てくれることもあると思いますよ。

教室を探す4:先生がどんな絵を描いているのか事前に調べよう。

油絵と言っても静物や風景、人物、抽象など色々分野があります。教えてくれる先生にも得意分野は必ずあるはずです。もちろん、先生は色々な分野の知識を持っているので、自分が専門にしていない分野でもある程度の指導はしてくれると思います。

しかし、細かい指導を受けたいと思ったら、その先生がどんな絵を描いているかくらいは事前調べておいたほうが良いでしょう。自分がどんな絵を描きたいのかを考えると、自分に合った教室を探し易いですよ。

近所の油絵教室を探そう!

油絵教室って小さい教室が多いからなかなか探しにくい・・・
ケイコとマナブなら、大小問わず全国の油絵教室を探すことができます。
油絵教室を検討している方はぜひご参考ください。