油絵の描き方 入門ガイド

光の方向を考える 明るい部分・陰の部分

モチーフが立体的に見えるのはなぜでしょうか?それは、光が当たることによって陰影が出来るからです。

ですから、平面的な絵に立体感を持たせるには、光によってモチーフに出来る明暗や陰影を描くことが必要なのです。

手順1 光を当てる
理想的なのは自然光、無理な場合は室内照明を利用。

光は一定方向から来る自然光が理想的なのですが、無理な場合は室内照明で一定方向から光を当ててあげます。

角度によって明暗の割合や影の大きさが変わります。モチーフまたは光源を上下左右に動かして、自分のイメージに合った位置を探してみましょう。

手順2 明暗を描く
グラデーションを使って明るい部分から暗い部分へと色を変化させる。

光を当てると明暗が出来ますね。光が当たっている部分は明るく描きます。その中でも最も光が反射して明るく見える部分のことをハイライトと言います。

黒い金属性の物でも光が反射している部分は白っぽく見えたりしますね。それがハイライトです。絵を描く時にも最も明るく描いて良いでしょう。光が当たっていない部分は暗く見えます。明るい部分から暗い部分へはグラデーションのように徐々に色を変化させていくと良いですよ。

手順3 影を入れる
立体感を出すためには大切。

モチーフに光が当たれば当然影が出来ますね。この影も立体感を出すには大切なので絵に描き込んでいきます。影は暗いから黒と思っていませんか?決してそんなことはありません。

モチーフを良く観察してみるとモチーフによって影の色合いが違うことに気付きますよ。

手順4 反射光を入れる
光が台などに反射し、モチーフの暗い部分がやや明るくなっているところ。

この他に反射光と言うのがあります。反射光とは光が台に反射してモチーフの暗い部分を照らしている光のことです。この光が暗い部分に当たると、暗い中でも少し明るい部分が出来ます。丸い物に一定方向から光を当ててみると良くわかると思います。

この時光が当たっている部分とは反対側の暗い部分が少し明るくなっているはずです。反射光は丸い物に限ったことではありません。色々なモチーフに光を当て、暗い部分の中に明るさを探してみて下さい。

光の方向と明暗を考えるのは難しい事です。初めから上手く描こうとするのではなく、色々な物を描きながらだんだん慣れていけば良いと思います。考え込まずにとにかく挑戦し、感覚をつかんで行くことが大切ですね。

近所の油絵教室を探そう!

油絵教室って小さい教室が多いからなかなか探しにくい・・・
ケイコとマナブなら、大小問わず全国の油絵教室を探すことができます。
油絵教室を検討している方はぜひご参考ください。