油絵の描き方 入門ガイド

描き込み

手順1 描き込みをする
モチーフやその周囲を塗り重ねていく。

描き込みはモチーフや周りの部分を塗り重ねていくことです。下塗りが出来ているので絵の具の載りが良く、厚く塗っていくことも出来ます。物の色は一色とは限りませんね。周りの色が反射して様々な色をしているものです。モチーフを良く観察し、色々な色を混ぜてみると良いですよ。何色かの色を塗り重ねることによっでマチェールが出来ますし、モチーフの質感も出て来ますよ。

手順2 ナイフを使う
筆のタッチとは違った表現をしてみる。

筆だけで描いていくことも出来ますが、ナイフを使うとまた違った表現をすることができます。あまり馴染みのないナイフは使いにくいので失敗を気にする人もいるかもしれませんね。でも大丈夫です。油絵は絵の具を削り取ったり、乾いたら違う色を塗ったりすれば修正することは簡単にできますよ。

手順3 明暗を入れる
モチーフの質感によって光の当たり方が違うのでよく観察する。

描き込みではモチーフを観察しながら明るい部分、暗い部分を塗り重ねていきます。モチーフの質感によって光の当たり方も違いますから良く観察することは大切ですね。

手順4 乾く前に塗るには
絵の具を乗せるような感じで素早く置く。

絵の具を塗り重ねていく時は乾いてから塗るのはもちろんですが、乾かないうちに塗っていく事も出来ます。この時は絵の具を乗せるような感じで素早く置いていきます。下の色と混ざってしまい、色が濁って上手くいかない時は乾いてから修正すると良いでしょう。時にはその混ざりが丁度良く、絵に合っていたという事もあるので試してみると面白い発見があるかもしれませんね。

描き込みは油絵を最も楽しめる時間だと思います。時間をかけて何度も色を塗ったり削ったりする事によって絵に表情ができ、味が出て来ます。ここが油絵の楽しいところですから焦らずゆっくりと納得するまで塗ってみましょう。