油絵の描き方 入門ガイド

キャンバスの下塗り

下塗りとは絵を描く前にあらかじめキャンバスに色を薄く塗っておくことです。下塗りをしておくと絵の具が浸透し易くなり、発色が良くなります。

また、絵の具を全体に塗ることによって塗り残しの感じがなくなります。もちろん下塗りをしなくても絵は描けるので無理にやる必要はありませんが、やればそれなりの効果はあります。

ポイント1 下塗りの色
モチーフが持っている色やモチーフからイメージする色を塗る。 イエローオーカーやオレンジなどの暖かみのある色を選ぶと良い。

下塗りに使う色はモチーフによって異なります。モチーフが持っている色や、モチーフからイメージする色などを塗ると良いと思います。なるべく暖かみのある色を選ぶとその印象が絵にも残ります。

例えば、イエローオーカーやオレンジなどが良いですね。下塗りの色は描く人の自由なので自分が使いたい色を塗れば良いと思います。また、1色しか使ってはいけないと言うこともないので何色かを混ぜてみるのも良いでしょう。

ポイント2 方法
絵の具を揮発性油(テレピン、ペトロールなど)で薄く溶き、おつゆの状態にする。 大きめの筆や刷毛、ボロ布などで全体に伸ばしていく。

方法は、絵の具を薄く溶いておつゆの状態にします。溶き油は揮発性油のテレピンやペトロールを使います。これを大きめの筆や刷毛を使って全体に薄く伸ばしていきます。

筆ではなくボロ布を使って延ばしていく人もいるので色々工夫してみて下さい。おつゆ状態の絵の具は垂れ易いので床や台の上に平らに置いて塗るようにして下さいね。

ポイント3 下描きをするなら
先に木炭や鉛筆で下描きし、下描きが落ちないようにフィキサチーフで定着させる。

木炭や鉛筆で下描き(デッサン)をする場合は、先に下描きをしてから下塗りをすると良いでしょう。その場合は下描きをフィキサチーフで定着させてから下塗りをしましょう。

近所の油絵教室を探そう!

油絵教室って小さい教室が多いからなかなか探しにくい・・・
ケイコとマナブなら、大小問わず全国の油絵教室を探すことができます。
油絵教室を検討している方はぜひご参考ください。