油絵の描き方 入門ガイド

水彩との違い

油絵を描く人は水彩を描かないのかなあと思ったことはありませんか?そんな事はないんです。もちろん水彩を描いてる人は沢山いますし、絵を描く状況によって使い分けている人もいます。

例えば、絵を描く時間が少ない時です。そんな時に油絵では絵を完成させるのが難しいのですが、水彩で描けば完成させる事が出来ます。また、風景を描きに行く時、油絵の道具を運ぶのは大変ですが、水彩の道具なら軽量でコンパクトになるので荷物が少なくてすみますよね。

では、どうやって使い分けていると思いますか?その方法の一つは油絵と水彩の特徴を活かした使い方です。どちらの絵の具も色を出すのは顔料ですが、その顔料に何を混ぜているかによって油絵の具になったり水彩絵の具になったりします。

油絵の具は顔料と亜麻仁油などの油を混ぜたもので、空気中の酸素を吸収することによって乾きます。乾くのに時間がかかるのですが、一度乾くと溶け出さないので違う色を塗り重ねていく事が出来ます。

水彩絵の具は顔料と水に溶けやすいアラビアゴムを混ぜたものです。水彩絵の具は水が蒸発することによって色が付きます。このため乾燥が速く、扱い易いため作業が早いのですが、再び水に濡れると絵の具が溶け出してしまうので絵がにじんだり、先に塗った色と混ざったりしてしまいます。

油絵 失敗しても修正し易いから初心者が描きやすい。
油絵なら乾けば色を塗り重ねることができる
水彩画 濃い色を塗ってしまうと修整ができない
乾燥が早いので限られた時間の中で絵を完成させることができる。

両方の絵の具にはメリットとデメリットがあります。油絵が初心者にとって思っているよりも描き易いというのは、失敗しても修正し易いからです。絵を描いたことがある人なら経験があると思いますが、何色かの絵の具を混ぜて色を作った時、この色が絵の雰囲気を壊してしまうのではと不安になったことはありませんか?

でも、油絵なら時間はかかりますが乾けば新しい色を塗り重ねられるので、思い切ってその色を塗っていく事が出来ます。水彩は濃い色を塗ってしまうと修整ができないため難しい面もありますが、乾燥が早いので限られた時間の中で絵を完成させたい時や、荷物を軽くしたい時などは最適ですね。

油絵と水彩の両方をうまく使い分けることによって、絵を描く機会も増えると思いませんか?時間がないからとあきらめずに絵を楽しむ時間を作ってみましょう。

近所の油絵教室を探そう!

油絵教室って小さい教室が多いからなかなか探しにくい・・・
ケイコとマナブなら、大小問わず全国の油絵教室を探すことができます。
油絵教室を検討している方はぜひご参考ください。